尼崎手をつなぐ育成会メイン画像 イベント情報 土と芽

尼崎市手をつなぐ育成会へようこそWelcome to Amagasaki Ikuseikai

全国手をつなぐ育成会とはConcept

 全国手をつなぐ育成会は、1952(昭和27)年、3人のお母さんが知的な障がいのあるわが子の幸せを願い、教育、福祉、就労などの施策の整備、充実を求めて、仲間の親・関係者・市民の皆さんに呼びかけたことをきっかけに発足しました。 今では、47都道府県すべてに「手をつなぐ育成会」が結成されています。尼崎市では1959年(昭和34)に設立されました。

会長ご挨拶

井上会長

 尼崎市手をつなぐ育成会は我が子の幸せを願う親・家族の会で設立から55年が過ぎました。子どもの年齢も就学前から60歳以上と幅広く、教育の場、働く場、生活する場とそれぞれの年代に応じた活動を行っております。同じ障がいを持つ子どもの親同士、困ったときは助け合い悩みを相談し合う、そしてお互い様の心でつながりあっているそんな素敵な会だと自負しています。

 育成会に入会すれば目に見えてこんな良いことがありますよ!と明言はできませんが、福祉制度の変化が大きい今、制度についての勉強会や障がいについての研修会等を行い制度や子どもについての理解を深めることが出来ます。また会員同士での親睦として、バス旅行・懇談会・見学会など内容は盛りだくさんです。そして何より先輩のお母さんの話を直接聞き困っていることが自分だけではないと子育ての参考になるはずです。 そして、行政に対しては国には全日本育成会から県へは県育成会から市町村には各地の育成会からそれぞれの自立支援協議会や福祉部門の委員会に参画し様々な提言をしています。

まんまるはーとFB かがやき画像

ロゴ作成者

作成者画像

 このHP制作にあたりロゴの制作を担当しました。
Job Stage尼崎の井と申します。
 ロゴのテーマといたしまして、「希望」をイメージしてデザインさせていただきました。七色の虹にかけられた思いは、「希望の種」が芽吹くように、どんな障がいがあっても、前を向いて成長してもらいたいという願いを込めて描きました。

Copyright(C) 一般社団法人 尼崎市手をつなぐ育成会 All Rights Reserved.