タイトル画像 A(え~ )プロジェクト委員会について

スマートフォンの方はこちら

会員の子どもの年代は、就学前から60代までと幅広く、世代によって生活スタイルもまたニーズも違います。そこで平成24年4月社団法人から一般社団法人への移行を機会に、世代別に活動するA(え~)プロジェクト委員会をたちあげました。

この委員会は、3つのグループに分かれています。年齢構成・主な活動内容は以下の通りです。まだ2年が経過したばかりですが、世代別に具体的な目標を定めることが出来、会活動が活性化できればと思います。今後もどの年代の会員からも、そして地域からも必要とされる育成会を目指し、活動をしていきたいです。


Aプロジェクトイメージ

↓

◆平成28年度活動報告

◆平成27年度活動報告

※平成28年2月10日 小田公民館において各チームから今年度の報告を行いました。

(詳細については、各チームの報告を参照)

その後、神戸市から後藤会長をお招きし「見守りTAI」のお話をして頂きました。
内容については下記の通りです。

見守りTAIの写真

◆平成26年度活動報告

※平成27年2月12日 中央公民館において各チームから今年度の報告を行いました。

(詳細については、各チームの報告を参照)

その後、たつの市から啓発グループ「ぴーす&ピース」をお招きし研修会を行いました。
内容については下記の通りです。

◎これまでの活動

H17年度-知的障害児のための夏季保育タイムケア事業の立ち上げ
H19年度-知的障害者の住みよいまちづくりについての活動
H26年度~知的障害擬似体験

区切り

≪実例 ~わが子の場合~≫
  誕生から現在までの体験を通して

イメージイラスト

≪4つの疑似体験≫

≪啓発活動に行った所≫

・小学校PTA親子ふれあい会        ・夫人共励会研修会
・子育て家庭応援推進委員会研修会  ・小学校の職員研修会
・社会福祉協議会ジュニアボランティアスクール 他

 

啓発活動の写真1
啓発活動の写真2

尼崎市手をつなぐ育成会トップページはこちら